スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【大人の社会見学】造幣局 ハイテク機械と秘蔵貨幣にため息(産経新聞)

 普段何気なく使っている貨幣はどのように造られているのだろうか。そんな素朴な疑問を胸に、貨幣の製造などを行う独立行政法人造幣局(大阪市北区)の見学会に参加した。工場で全自動化された製造工程に驚いた後は、造幣博物館で貴重なコレクションを前に思わず嘆息。非日常感たっぷりの施設内をリポートする。(文・林佳代子)

 ◆1日で11億9千万円分

 造幣局は明治4年、偽造貨幣の流通など幕末期に乱れた貨幣制度を立て直すため、明治政府によって設立された。本局は大阪市にあるが、東京都と広島市に支局があり、それぞれ五百円~一円までの6種類の貨幣を製造。ほかにも勲章や褒章など、多種多様な金属工芸品を手がけている。

 まず案内されたのは製造工場。広島支局で加工された板状の金属を丸く打ち抜き、機械で模様をつけて貨幣に仕上げた後、納入のために袋詰めにするまでの工程を見て回った。

 工場内はすべてオートメーション化されていて、ハイテク機械がずらりと並ぶ光景は圧巻のひと言。見学した日は主に五百円玉を造っており、機械の間を銀色に光る玉が次々にくぐり抜けていくのが見えた。

 とりわけ印象的だったのが、貨幣に模様付けをする「圧印」の工程だ。「五百円玉を1枚作るには、体重が80キロ近い人が1千人集まり、一斉に全体重をかけるほどの力が必要なんです」と案内役の山口志代さん(39)。それが、圧印機だと1分間に700枚以上製造できるというから、性能の高さには驚く。

 ちなみに、この日製造された五百円玉は実に238万枚で、金額に換算すると11億9千万円に及ぶ。貨幣が詰まった袋がひっきりなしに通り過ぎていくのを見ていたら、いささか現実感が遠のいた。

 ◆太閤さんが造った大判も

 続いて向かったのは造幣博物館。展示室では、造幣局の成り立ちのほか、古代から現代に至るまでの国内外の貨幣の歴史を紹介しており、約4千点のコレクションを見ることができる。

 間もなく、昭和10年に大川(旧淀川)で偶然発見され、大阪城が落城した際の遺物とされる「竹流金」に目が留まった。金の含有量が73%と高純度を誇り、菊や桐の模様も繊細で美しい。実物は造幣局にしかないという貴重な品だ。

 ほかに豊臣秀吉が造った貨幣史上最も豪華とされる「天正菱大判」や、長さが17.5センチもある世界最大級の貨幣「天正長大判」も見どころ。材料の調達が困難だった戦時中に瀬戸物で造ったという“幻の貨幣”や、世界のユニークな貨幣も多数展示されており、時間を忘れて見入ってしまった。

 ◆貨幣の重さを実感

 展示室を抜けると最後は体験コーナーへ。慶長小判が1千枚入っていたといわれる千両箱や、日本銀行に納入される際の貨幣が入った袋(中身はレプリカ)が用意され、実際にその重さを確かめることができる。

 五百円硬貨が2千枚入った布袋を持ち上げてみたが、約14キロもあって両手でもなかなか持ち上がらない。やはり100万円は重かった…。

 最後に、博物館を案内してくれた塩川幸男さん(64)に、ずっと気になっていたことを聞いてみた。一円を造るのに原価はいくらかかるのですか?

 「具体的には言えませんが、たとえ一円でも造るのには相当な労力がかかります。多くの人に造幣局に見学に来てもらって、貨幣を大切に扱う心を学んでほしいですね」

 一円を笑う者は一円に泣く-。そんな教訓を学ぶためにも、造幣局見学をおすすめしたい。

                   ◇

 ■造幣局(本局) 大阪市北区天満1の1の79。施設見学は毎週月~金曜日(祝日・年末年始、桜の通り抜け期間中などは除く)、所要時間は約1時間半。10日前までに予約が必要。予約、問い合わせは広報室事業案内担当TEL06・6351・6150(平日午前9~午後5時)。

「法廷で真実話して」…歩道橋事故強制起訴(読売新聞)
「無過失補償制度」や「介護環境整備」盛り込む-民主マニフェスト素案(医療介護CBニュース)
「徳之島」白紙撤回を…鹿児島関係の国会議員(読売新聞)
毎日新聞世論調査 内閣支持率33% 不支持は初の5割超(毎日新聞)
<虐待>5カ月の長女を壁にぶつける 母親逮捕 愛知・常滑(毎日新聞)
スポンサーサイト

主力製品ネスプの適応追加を発表―協和発酵キリン(医療介護CBニュース)

 協和発酵キリンはこのほど、主力製品の腎性貧血治療剤「ネスプ」の、透析導入前の保存期への適応の追加承認を取得したと発表した。これにより、同剤の適応は透析施行中の腎性貧血から拡大、投与経路も静注投与に加え、皮下注投与も可能になった。

 腎性貧血は、慢性腎臓病(CKD)の合併症の一つ。これまでネスプは、腎不全で透析が導入された腎性貧血患者に、エリスロポエチン製剤(同社のエスポー、中外製薬のエポジン)から切り替えて使用されていたが、今後はCKDの病期に関係なく投与できる。

 競合薬のエポジンはすでに保存期の適応を持っている。



【関連記事】
がん性突出痛治療剤を承認申請―協和発酵キリン
久光とがん性突出痛治療剤を共同販売へ―協和発酵キリン
協和発酵キリン、中期経営計画を発表
糖尿病性腎症治療薬の開発・販売権を取得-協和発酵キリン
抗体医薬品の情報サイトを開設-協和発酵キリン

佐渡で産卵のトキ 抱卵を中断(産経新聞)
龍谷大生が中2女子を買春、逮捕(産経新聞)
100人が成田空港で一夜=帰国できない外国人ら-欧州火山灰(時事通信)
<仙谷担当相>中期フレームに消費税上げ方針(毎日新聞)
【from Editor】ブロガーからのエール(産経新聞)

企業のGW休暇、平均5.4日=昨年よりわずかに短め-厚労省調査(時事通信)

 厚生労働省が15日発表したゴールデンウイーク(GW)休暇調査によると、企業が期間中に計画する休暇日数(連続3日以上が対象)は平均5.4日で、前年実績(5.7日)よりわずかに短めになった。
 調査は1月に行い、全国1116社から回答を得た。職場の一斉休暇を予定する1005社のうち、7日以上の連続休暇を計画するのは22.4%(225社)で、最長は自動車部品メーカー2社の12日。製造業5.9日(前年6.3日)、非製造業5.0日(同5.1日)だった。 

【関連ニュース】
GWの成田利用者、前年比5%増=空港会社が推計
10キロ以上渋滞、過去5年で最多=GWの高速
海外旅行、3年ぶり50万人回復=日並びの良さで-JTB連休予測
休暇分散化の影響調査=8都府県9地域で実証事業
米英大型事業に金融支援=高速鉄道の海外展開で

<将棋>三浦先手で横歩取りに 名人戦第1局(毎日新聞)
厚労省室長、ウソ人事情報で部下から100万(読売新聞)
1日1回投与の鎮痛剤でライセンス契約―日本新薬(医療介護CBニュース)
女子トイレ侵入の教諭再逮捕=高校生にみだらな行為し撮影-島根県警(時事通信)
八王子駅ビル殺傷で元会社員が懲役30年 東京高裁(産経新聞)

シャトル 山崎さんが宇宙仕様のカーディガンを持参(産経新聞)

 米スペースシャトルで宇宙に飛んだ山崎直子さん(39)は、船内で使う特製の「普段着」を持参した。目玉は日本女子大の多屋淑子教授とファッションデザイナー、芦田多恵さんらが共同でデザインしたカーディガン。機能性と美しさを追求した“宇宙仕様”の一着で、山崎さんの無重力生活を快適に支える。

 縫い目がなく、肌に優しいニットを使用。無重力では体が自然と前かがみになるため、背中が窮屈にならないように後ろの丈を長めにした。素材は綿とポリエステルで暖かく、乾きやすい。山崎さんのサイズに合わせたオーダーメードだ。

 色は春をイメージした淡いブルー。「無機質な船内に花を添える優しい色にした。少しでも安らいでもらえたら」と芦田さん。現地で打ち上げを見守った多屋教授は「体にフィットしてシルエットが美しくなるように工夫した。きっときれいに着てくれるでしょう」と笑顔で話す。

 国際宇宙ステーション(ISS)の船内は23度前後だが、小柄な人は寒く感じるときがある。多屋教授らは昨年、「カーディガンがほしい」という山崎さんの要望を受け、民間企業の協力を得て開発。宇宙航空研究開発機構が行った船内服の公募で採用された。

【関連記事】
日本人搭乗 最後のシャトル 有人技術の基礎確立 物資輸送・科学実験・船外活動
宇宙飛行士、山崎さん出発 向井さん「ご両親もほっと」
「銀河鉄道」あこがれ胸に山崎さん出発
「フレッフレッ直子」母校で150人大歓声
鳩山首相「厳しい状況でお互いがんばろう」
「けむりの行方は? 受動喫煙論争」

寄付金税額控除は50%=社会福祉・学校法人にも適用を-鳩山首相(時事通信)
石田純一、初来日『マイレージ、マイライフ』のアナ・ケンドリックにオヤジギャグ披露!
取り調べ全面録画訴え=再審無罪の菅家さんら-リクルート事件江副氏も・日弁連集会(時事通信)
元朝青龍の主治医・本田医師1億所得隠し指摘(読売新聞)
平沼新党参加の藤井氏が自民に離党届(産経新聞)

自民・園田氏が離党届提出(時事通信)

 自民党の園田博之前幹事長代理は5日午後、党本部で谷垣禎一総裁に離党届を提出した。与謝野馨元財務相や平沼赳夫元経済産業相らとともに新党を結成する。与謝野氏や園田氏らは同日夜、都内で準備会合を開く運びだ。 

【関連ニュース】
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
政界再編含み 政局は五月「最大のヤマ場」へ
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

<傷害容疑>受験会場で隣席の受験生に暴行、少年逮捕 福岡(毎日新聞)
首相動静(4月3日)(時事通信)
交通標識のUD化 進んでいるが… 過剰な情報、混乱と危険(産経新聞)
<架空増資>トランスデジタル元副社長ら追起訴(毎日新聞)
<転落死>ラグビー元代表・渡辺泰憲さん 鎌倉駅で (毎日新聞)

比例候補、一定割合女性に=共同参画計画で言及検討-政府(時事通信)

 政府の男女共同参画会議(議長・平野博文官房長官)は30日、年末に改定する男女共同参画基本計画に、国政選挙で比例代表候補の一定割合を女性とする「クオータ制」の導入推進を盛り込む方向で検討に入った。女性の政治進出を後押しするのが狙いだが、政府が候補者の男女比を示すことには、野党だけでなく与党からも異論が出そうだ。
 基本計画は5年に1度改定しており、今回の計画期間は2011~15年度。同会議の専門調査会は近く、同計画のたたき台となる中間整理案をまとめる。 

【関連ニュース】
敏いとう氏を参院選擁立=国民新
参院比例にプロレスラー=国民新
参院比例に保坂氏=社民都連
参院比例に福島県議=民主県連
審議拒否で執行部批判=舛添氏

明石歩道橋事故 検察官役の指定弁護士が遺族と面会(産経新聞)
<DV>被害登録の女性救出にパト20台、ヘリも 熊本県警(毎日新聞)
「観察不十分」 さいたま市救急隊の死亡誤判断問題で外部委の検証結果発表(産経新聞)
副会長は中川、横倉、羽生田の3氏ー日医役員改選(医療介護CBニュース)
「参加してよかった」高齢者対象の交通安全教室開催 警視庁大塚署(産経新聞)
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。